FC2ブログ
FRP専門商社アチーブのブログ
(株)アチーブは、「FRPナンデモ “ゴザレ!!!”」のFRPの専門商社です。ここは、そんなアチーブのブログです。
プロフィール

アチーブ

Author:アチーブ
アチーブはFRPの専門商社として、『硝子繊維・カーボン繊維・ポリエステル樹脂・フェノール樹脂・FRP用工具』等々の販売とフェノールFRP製品(大型)をはじめ、『FRP成形型(エポキシ)・耐蝕タンク・FRPパイプ』等の製作、加工を引き受けています。

株式会社アチーブ
〒564-0032 大阪府吹田市内本町3丁目19番38号
TEL:0663832851
FAX:0663825821

http://www.achieve-f.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェノールFRP-1
“フェノールFRP”最近よく耳にします・・・・・・・・、関心をお持ちの方は必読!!
フェノールの最大の特徴は、他の熱硬化性樹脂と比べ燃え難く、また煙や有毒ガスが非常に少ないと言う優れ物です。しかも耐熱性、耐酸性も優れています。さらに建築基準法での防火材料の準不燃材料の認定を取っている将来を大いに期待される商品です。
・・・・それにも拘らずフェノールFRP製品を見る機会が少ないと思いませんか????
何故でしょう?
それはフェノール樹脂の特性である次の様な事が起因していると考えられます。

フェノールはとにかく、成形し難いのです。


■フェノール成形の問題点とは?



1  表面張力が大きく、濡れ性が非常に悪い

2  遥変性が無い為、非常に垂れ易い

3  酸硬化のため添加物の選定が難しい

4  樹脂の特性で、硬化条件により、ピンク、茶、こげ茶、黒、・・等の色になる

5  反応時に水が出るため、成形時に問題が出る

6  硬化温度が高いのと硬化時間が長いのと、内部に水分が残るため硬化不良を起こしやすく、後に変形を起こしやすくなる

7  内部に未反応物、水、酸等が残り易いため二次接着に技術がいる

8  硝子繊維との濡れが悪いため含浸させるのに工夫がいる
また、それなりの設計が必要になる

9 色付けは、塗料を選んで撥水を止めて塗装する

10 大型成形物の製作は非常に難しく、いろんな問題が起こる


このように少し、挙げただけでも、この様に不飽和ポリエステル樹脂とは異なる性質が有り、酸触媒の開発により常温、常圧硬化(文献では)が出来るように成ったと言われますが、そんな簡単な事では有りません。

これらを解決するのは大変な創意工夫と努力が必要です。
一度でもトライされた方でしたら、その事はよくお分かり頂けると思います。


お問い合わせは下記アチーブのWEBサイトを参照下さい。
http://www.achieve-f.co.jp/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://achievefrp.blog64.fc2.com/tb.php/15-465c389c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。