FC2ブログ
FRP専門商社アチーブのブログ
(株)アチーブは、「FRPナンデモ “ゴザレ!!!”」のFRPの専門商社です。ここは、そんなアチーブのブログです。
プロフィール

アチーブ

Author:アチーブ
アチーブはFRPの専門商社として、『硝子繊維・カーボン繊維・ポリエステル樹脂・フェノール樹脂・FRP用工具』等々の販売とフェノールFRP製品(大型)をはじめ、『FRP成形型(エポキシ)・耐蝕タンク・FRPパイプ』等の製作、加工を引き受けています。

株式会社アチーブ
〒564-0032 大阪府吹田市内本町3丁目19番38号
TEL:0663832851
FAX:0663825821

http://www.achieve-f.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRPによる防水 -1
FRP防水



FRP防水とは、一般的にはガラス繊維にポリエステル樹脂を塗布する一般FRP成形品と同じように思われるでしょうが、実際には、使用する樹脂も違い、目的に対する工法にも違いがありますこの章では、各目的の違いと考え方の違いを端的にお話しましょう。

■工法理念



★一般的なFRP成形物
ガラス繊維に樹脂を塗布する段階では、出来る限り樹脂を絞り、ガラス繊維のコンテント(挿入質量)を上げるように積層し、ガラス繊維コンテントを上げる事で、曲げ、引っ張り等の強度をあげ樹脂量を絞る事で、軽量化を図る事を目的とした工法によるものです。すなわち、ここでの主役はガラス繊維と言う事になるでしょう。

FRP防水
ガラス繊維に樹脂を塗布する段階で、出来る限り樹脂を多く含ませるような感覚で、ガラス繊維を中心にサンドイッチする様に、積層します、感覚的には、ガラス繊維が鉄筋、樹脂がモルタルと言った様な構造ですね、樹脂のコンテントを上げる事で、より多くの防水性と柔軟性を確保する事を目的とした工法によるものです。

上記の工法理念の違いはお分かり戴けたでしょうか?
私は、FRP成形物に精通されている方々、FRP防水に精通されている方々が双方の分野に置いて重大かつ、初歩的ミスの原因の1つに、この工法理念の違いと思い込みによる要因が少なからず有ると思いますがどうです?思い当たるふしはありませんか?

次回へ続く・・・



当社は、FRP防水のみならず、FRPに関する様々なノウハウを持ち、各種製品もお取扱いしております。
FRPについて検討されておられる方は是非ご連絡下さい。

お問い合わせは下記アチーブのWEBサイトを参照下さい。
http://www.achieve-f.co.jp/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://achievefrp.blog64.fc2.com/tb.php/17-55dd2982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。