FRP専門商社アチーブのブログ
(株)アチーブは、「FRPナンデモ “ゴザレ!!!”」のFRPの専門商社です。ここは、そんなアチーブのブログです。
プロフィール

アチーブ

Author:アチーブ
アチーブはFRPの専門商社として、『硝子繊維・カーボン繊維・ポリエステル樹脂・フェノール樹脂・FRP用工具』等々の販売とフェノールFRP製品(大型)をはじめ、『FRP成形型(エポキシ)・耐蝕タンク・FRPパイプ』等の製作、加工を引き受けています。

株式会社アチーブ
〒564-0032 大阪府吹田市内本町3丁目19番38号
TEL:0663832851
FAX:0663825821

http://www.achieve-f.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐蝕FRP 耐蝕樹脂 -5
耐蝕FRP 耐蝕タンクの製作方法



1.木型・樹脂型の製作
鏡板部は10%皿形鏡板(SS400)を型にしてFRP積層して何度も使用出来るようにマスター型として保存しておきます。直胴部は木型を作りテトロンフィルム(35~70μ)を巻きつけたものを利用します。

木型・樹脂型の製作



2.積層行程、脱泡行程
積層は通常一度に4プライ迄としてノボラック系樹脂の場合はプライス数を減らします。(マットの重なり部は厚み大となり樹脂発熱温度が高くなって耐蝕性が劣りますのでマットは少しずつずらして置く事)。

積層行程、脱泡行程



3.寸法調整
本体部の製作寸法を決めると同時に“ケガキ”を入れ
部品付けを行います。

寸法調整
スポンサーサイト

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/08 17:22】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/23 02:49】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://achievefrp.blog64.fc2.com/tb.php/28-896e4cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。